講演会・セミナー

2018年の景気見通し

開催日時
2017年12月07日(木) 14:00~16:00
会場
パレスホテル大宮MAP
受講料(税込)
ぶぎん経営者クラブ会員の方 無料
会員外の方 無料
講師
株式会社ニッセイ基礎研究所 専務理事・エグゼクティブフェロー 櫨 浩一 氏
セミナー概要

本日のテーマは「2018年の景気見通し」ということですが、結論的に申しますと国内経済については、あまり悪い話は見当たりませんが、ではすごくいいのかと言われるとそうでもありません。賃金が上がらないので消費の拡大は望めません。日銀は物価上昇率を2%にするという目標を掲げていますが、達成はむずかしそうです。そうこうしているうちに金融緩和の副作用が出てきておりますので、来年は表面上の景気はいいのですが歪みが蓄積してくると思います。
 海外には心配の種が多くあります。北朝鮮、中東だけでなくアメリカは政治が混乱していますし、FRB(連邦準備制度理事会)は利上げしていますが、この影響がどう出るかという問題もあります。ヨーロッパはイギリスのEU離脱交渉が進んでいません。移民・難民の問題もあります。中国は不動産バブルではないかと言われています。安定していると言われる習近平政権の強権ぶりも気になります。このように海外には様々な不安要因があります。明日何が起こっても不思議ではありません。何も起こらなければ日本経済はゆるゆると成長を続けて2020年東京オリンピックを迎えるという道筋を描くことができると思います。

ぶぎん地域経済研究所では、経済産業動向や経営コンサルティング、人材育成などをテーマとした講師派遣、企業内研修を承っております。